離婚協議書の作成を行政書士に依頼するメリット

☑離婚協議書の作成を行政書士に依頼するメリットがあります。
☑あなたは間違った法律知識を持っていませんか?

離婚協議書は、離婚に関する様々な協議の結果を内容とします。 主に親権者、面会交流、養育費、財産分与、慰謝料、年金分割といった内容です。 このような内容を協議して決めるわけですから、当然、正確な法律知識が必要になります。

なぜなら、正確な法律知識によらないと正しい離婚条件を判断できないからです。

正確な法律知識が身についていないということは・・・、 正しい離婚条件が判断できないことにつながって・・・、 正しい離婚協議書や公正証書も作成することができない・・・。 その結果、作成された離婚協議書や公正証書であなたは後悔しませんか?

離婚に関して正確な法律知識を身につけることが全ての出発点です。

出発点を間違えるとすべてが崩れてしまいます。

あなたにそんな失敗はしてほしくありません。

しかし・・・、 実際に、離婚に関しての正確な法律知識を身につけることは簡単ではありません。

なぜなら・・・、 インターネットを中心に様々な情報が溢れている中で、「正しい情報と間違った情報」、さらに、「最新かどうか」といった内容まで判断し、情報を取得することは非常に困難だからです。

あなたは、正しい情報と間違った情報の区別ができますか?

おそらく、 “はい” と答えることは難しいのではないでしょうか。

では、効率的に離婚に関する正確な最新の法律知識を身につけるにはどのように すればいいのでしょうか?

そこで、離婚協議書の作成を専門とする行政書士に相談することをお勧めします。

離婚協議書の作成を専門とする行政書士であれば、正確な法律知識を根拠に、相談者の実情にあわせて、わかりやすく情報を提供することができるからです。 それに、効率的に必要な知識を得ることができるので、あなたの負担も少なくなります。

そのようにして提供された離婚に関する正確かつ最新の法律知識に基づいて、離婚協議書の内容である親権者、面会交流、養育費、財産分与、慰謝料、年金分割といった内容を協議すれば納得できる離婚条件となるはずです。

そして、その協議した内容を離婚協議書という契約書にするわけですが、行政書士は契約書作成の専門家であるということから、不備のないことはもちろん、後日、起こり得るトラブルまで想定した内容の離婚協議書を作成することができます。

なぜなら、離婚協議書に関するリスクがあるとすればそれは何なのかを熟知しているからです。

絶対に失敗しない離婚協議書の秘訣、それは・・・、 離婚協議書を専門に作成する行政書士の知識を活用することです。 その結果、あなたは、満足できる離婚協議書を手に入れることができるのです。

離婚協議書の作成の際には、行政書士へ相談することをお勧めします。

 

お問い合わせ・無料相談
Copyright(c) 2015 行政書士ラティーフ法務事務所 All Rights Reserved.