滋賀県で一番多い外国人ビザの種類について

2018-01-10

滋賀県に在留している外国人の一番多いビザの種類をご存知ですか?

e-Stat(日本の統計が閲覧できる政府統計ポータルサイト)の【第5表 都道府県別 在留資格別 在留外国人(総数)】(以下、統計資料)の情報をもとにお伝えします。

滋賀県に在留している外国人の方の1番多いビザの種類は、永住者(永住ビザ)9119人です。それに続いて、2番目に定住者(定住者ビザ)4197人、3番目に特別永住者4029人となっています。

ちなみに、日本人の配偶者等ビザは1882人、留学ビザは1054人、技術・人文知識・国際業務の就労ビザは825人となっています。

日本のビザの種類の中には、「活動に制限のないビザ」というものがあります。

「活動に制限のないビザ」とは、永住ビザ、日本人の配偶者等ビザ、永住者の配偶者等ビザ、定住者ビザ、特別永住者のことで、このビザを有している外国人の方は、職種の制限なく、自由に就労活動ができます。

滋賀県では、この活動に制限のないビザを有している外国人の方の割合が高いです。

なぜなら、統計資料によると、滋賀県に在留している外国人の総数は、26,584人となっているのに対して、活動に制限のないビザを有している外国人数は、19,600人となっているからです。

私は、ビザ業務を取り扱っている関係で、ここ最近は、国際結婚をした後、日本人の配偶者等ビザの申請をする方が増加傾向にあるのではないかとビザの相談等を通じて感じています。

それでは、以下、e-Stat(日本の統計が閲覧できる政府統計ポータルサイト)の【第5表 都道府県別 在留資格別 在留外国人(総数)】の滋賀県の部分を一部抜粋した表になります。

【滋賀県に在留する外国人 ビザの種類別人数】

【ビザの種類】 【人数】
教   授 47
芸   術
宗   教 17
報   道
高度専門職 1号 イ
高度専門職 1号 ロ 12
高度専門職 1号 ハ
高度専門職 2号
経営・管理 32
法律・会計業務
医   療
研   究
教   育 158
技術・人文知識・国際業務 825
企業内転勤 65
興   行
技   能 217
技能実習1号 イ 117
技能実習1号 ロ 1702
技能実習2号 イ 48
技能実習2号 ロ 1978
文化活動 24
留   学 1054
研   修 28
家族滞在 546
特定活動 99
永住者 9119
日本人の配偶者等 1882
永住者の配偶者等 373
定住者 4197
特別永住者 4029
【合計】 26584

※e-Stat(日本の統計が閲覧できる政府統計ポータルサイト)
政府統計名:在留外国人統計(旧登録外国人統計)
提供統計名:在留外国人統計(旧登録外国人統計)
調査年月 :2017年6月
公開日  :2017年11月20日
第5表 都道府県別 在留資格別 在留外国人 (総数)より一部抜粋

Copyright(c) 2015 行政書士ラティーフ法務事務所 All Rights Reserved.