永住許可申請について

日本の永住権を取得したい
外国人の夫・妻の永住ビザ申請をしたい
家族全員で永住権の申請をしたい
 

永住許可申請とは

永住許可申請とは、日本の永住権を取得するための申請手続きです。永住許可申請は、今後、長期にわたって日本で暮らすことを希望する外国人の方を想定しています。そのため、申請人である外国人の方のこれまでの日本での在留状況に問題がなく、さらに、これから将来の在留に関しても問題がないと想定される場合に永住権は許可されます。
 
永住権を取得するためには、法律で定められた許可の条件を満たしていることを証明する必要がありますので、永住許可申請には、様々な必要書類・立証資料を用意しなければならず、簡単ではありません。今後、長期にわたって、日本で暮らすことを希望する外国人の方にとって、永住権は、もっとも安定した在留資格ですから、非常に価値があります。
 
行政書士ラティーフ法務事務所では、永住許可を取得することを希望される外国人の方々の永住許可申請に必要な書類作成・立証資料の用意等をサポートしていますので、永住許可申請でお悩みの方は、当事務所までご相談ください。
 
 

永住許可を取得するメリット

 ビザを更新する必要がなくなります。
 日本での活動に制限がなくなるので、自由に職業の選択ができます。
 社会的信用が向上します。
 永住者の配偶者や子の永住許可の条件が緩和されます。
 強制退去の対象になったとしても、特別に日本に在留できる可能性があります。
 母国の国籍を失うことはありません。
 
 

永住許可申請に関するよくあるご質問と回答

Q 永住許可申請の審査期間はどれくらいかかりますか?

 
 法務省は、永住許可申請の標準処理期間について、4か月としていますが、審査期間は申請者の事情によって異なります。そのため、永住許可申請をした後、6~10か月程度の審査期間は必要になるとお考えください。
 

Q 永住許可申請中であっても、ビザの更新手続きは必要ですか?

 
 永住許可申請の審査期間中に、ビザの期限が経過する場合には更新手続きが必要です。
 
 

Q 永住許可を取得した後も、在留カードは携帯する必要がありますか?

 
 在留カードは、日本に適法に在留する外国人であることを証明するものですから、永住許可を取得した後であっても、在留カードは携帯する必要があります。また、在留カードの有効期間の更新・住居地の変更届出等の手続きも必要になりますので、注意してください。
 
 
永住許可の要件について
 
永住許可申請の流れ
 
 
 お問い合わせ・無料相談
Copyright(c) 2015 行政書士ラティーフ法務事務所 All Rights Reserved.